チャンネル登録よろしくお願いいたします!

2014/09/24

iPhone6 Plus購入!!動画機能がハンパネエ!!!!作例を作ってみた



iPhone 6 Plus、発売日翌日にゲットしました!!
今回6シリーズ唯一の?注目すべき特徴だとおもう、カメラ機能。
早速フィールドテストしてみました!!

まずは写真から!

どれも暗いシーンですが、片手でパシャリしてもブレません!!
これはiPhone 6 Plus搭載の、光学手ブレ補正のおかげでしょう。


ではでは!本題の動画機能はいかに!?!?


まずは位相差AFで速くなった、オートフォーカスを見てみましょう!



遠くにピントが合ってましたが、チョコラBBの瓶をカメラの前にかざすと・・・サッと迷うこと無くあっという間に合焦!!!
これはもはやビデオカメラに追いついたなww
iPhone5s以前って、タッチフォーカスとかありましたが、ジリジリとぎこちない動きで合焦してたんですよね。
これだと作品作りには使えませんでしたが、今回の6からはドキュメンタリーチックな番組作りでも違和感なく撮れるのではないかと思います!


さて!ではでは動画機能最大の新機能・・・待ってました60p撮影!!しかもフルHD!
百聞は一見にしかずってことで、下記2つのサンプルを御覧ください!
2つ目は・・・だいぶふざけてます。ww






我らが愛する(笑)北川景子さんがでてました、フジテレビ月9『HERO』のオープニングをiPhone 6 Plusの動画撮影だけでパロディってみましたwww
iPhone 6 Plusの安定して撮れる動画は月9でも使えるのか??という仮説のもとに。。。w

そう、iPhone 6 Plusって動画撮影時の手ぶれ補正が5s以前比で非常によく効いて、まるでSONYハンディカムのアクティブ手ぶれ補正のようなんですよね。
まぁiPhone 6 Plusの光学手ブレ補正はどうやら動画撮影時は効いていないようなので、
iPhone 6/6 Plusともハンディカム廉価版のように“電子式手ぶれ補正”がかかっているかと思われます。

そんな歩き撮りにも耐えられる強力手ぶれ補正を生かすにはどんなシーンがわかりやすいかな?と思ってたら、
ドラマ『HERO』オープニングを見て「これだ!!!」と思いました(笑)
ドラマ『HERO』ってステディカムをうまく使って演者に周り込んで撮影してるんですよね。

なので急遽近所に住んでる、twitter仲間と本物のロケ地『辰巳の森緑道公園』へ飛んで撮影してきましたw
ちょっと時間がなくクォリティを高められなかったのが残念ですが、
iPhone 6 Plusのクォリティが如何程か?よくわかる動画かなと。。。

一応参考までに本物を。。。w




iPhone 6 PlusをPremiereProCS6・AfterEffectsCS6に突っ込んで編集してみて思ったこと:

  • 動画は59.97pでなく、60pである。
  • やはり圧縮フォーマット故か、ちょっとでも色味いじると画質が破綻する。
  • 動画ファイルのビットレートは26Mbpsくらい。
  • 今回のように夕方近くの野外撮影だと、ホワイトバランスがよく崩れる。
  • ダイナミックレンジは広くない。
色々厳しいことを書きましたが、携帯電話で上記を要求するのは酷なことで、
むしろかなり良く出来ててビデオカメラマジでいらないと思うのであります。。。

特に歩き撮りの手ブレ対策が講じられましたので、次回旅動画や車載動画はiPhone 6 Plusをメインに撮影してみようかと思います!
動画を本気で撮りたい人、お勧めっす!